ブルーベリーの効果は目だけじゃない!美容効果にアンチエイジング効果まで!




こんにちはジュンコです♩

アラヒフ目前に迫るとついに老眼もやってきました。まだもう少し先だと思っていただけに辛い。。

今まで見えていた距離では見えなくなったものが毎日気が付けば増えていっています。

例えば、マニキュアの後ろの番号を調べたくてひっくり返しても番号が見えなかったり。

スマホの画面が見にくいと感じたり。

着実に静かに老化が進んでいっていることを感じる今日この頃です。

これをゆっくりにすべくどうしたらいいもんかと、道の駅産直市場で目に留まったのがブルーベリー!

この季節たくさんのフレッシュなブルーベリーが並んでいますよね~

ブルーベリーは目に良いというのは有名な話。

早速、たんまり買ってきてジュースにしようかとレシピを検索していると

なんと美容効果もあるとか♡

あんな美しい紫ですもんね。効果高そうです。早速調べてみましたよ~♩

ブルーベリーの目に良い有名な成分アントシアニンとは?

ブルーベリーのこの綺麗な濃い青紫色、これが目に良いと言われるアントシアニンの成分と関係しています。

ブルーベリーのほかには、黒豆・イチゴ・ブドウ・ナス・赤カブ・赤シソなど、お花だと朝顔の花の色もアントシアニンによるものだそうです。

目の網膜にあるロドプシンの分解と再生を促す働きがあるため、目に良い効果や眼精疲労の軽減効果も期待されています。

しかし、現段階ではまだ民間にとどまったデーターの内容でブルーベリーを食べたからといって視力が回復するとかというわけではないようです。あくまでそのような効果が期待できることから症状を和らげることが期待できるかもしれないという段階のようです。

でも、ブルーベリーは目に良い以外にも様々な期待が寄せられているフルーツです!

中でもカラダにとって有害な活性酸素を消去する働き(抗酸化作用)にも大きな期待が寄せられいます!

ブルーベリーの抗酸化作用で美肌になれる?

ブルーベリーの代表成分であるアントシアニンはポリフェノールの一種で

その抗酸化力はビタミンCの約5倍もあります。

また、ビタミンEに関しては抗酸化力がビタミンCの5倍よりも、更に強い抗酸化力があります。

少しここで酸化について知っておきましょう!

酸化とは・・・・呼吸によって体内に入った酸素でエネルギーを作っていますが、この過程で酸化作用をもつ活性酸素を発生させています。この活性酸素には入ってきたウイルスを退治したり良い役目もあるのですが増えすぎると健康な細胞まで酸化させ老化を招いたり病気の原因となったりします。これを防止するために抗酸化作用のある食物を摂取し酸化を抑え老化防止を期待しようということなんです

このことから、肌細胞の酸化によって起こるしみ・しわ・たるみ、などの老化予防の効果に期待ができます。

ビタミンCの働きとしてはコラーゲンの生成促進メラニン色素の生成抑制や沈着抑制からシミの予防の効果も期待ができます。更に、アルブチンも含まれていることから体内からの紫外線予防・美白効果も期待ができるようですね!

そしてビタミンEは血流を促す働きがあるため肌のくすみをとり顔色が良くなります。

ブルーベリーには美肌効果を期待できる成分が強めに入ってるんですね~♩

ブルーベリーがアンチエイジングフルーツとしても注目されているのも頷けます!

ブルーベリーのその他期待できる効果

  • アントシアニンによる血中脂肪量や血糖値上昇の抑制による生活習慣予防効果
  • アルブチンが尿路・尿路殺菌作用の効果があることから膀胱炎の予防改善に期待ができる
  • 食物繊維がとっても多いので便秘改善・腸内フローラを整える働きがある(肌荒れ防止につながります

ブルーベリーのオススメレシピ

ブルーベリーはビタミンを多く含むフルーツですが、ベータカロテン(ビタミンA)は多く含まれていません。

ビタミン補給という位置づけで食べるようにしましょう。

ここで私のお気に入りレシピ♡をご紹介します。参考にしてみてくださいね♩

★スムージー・・・腸内環境を整えよう♩

  • バナナ(大1本)
  • イチゴ(適当)
  • ブルーベリー(適当)
  • 水(少し)もしくは豆乳

★ブルーベリーヨーグルト・・・朝からスッキリ便秘改善に♩

  • ヨーグルト
  • ブルーベリー
  • リンゴ・キゥイなど

★ベリベリージュース・・・お肌に良いジュース♩

  • ブルーベリー
  • イチゴ
  • ニンジン
  • オレンジもしくはグレープフルーツ

ブルーベリー8つもある効果!まとめ

  1. 目に良い効果の期待
  2. 眼精疲労軽減効果の期待
  3. 抗酸化作用
  4. 美白・美肌効果
  5. 老化予防効果(アンチエイジング効果)
  6. 生活習慣病予防効果
  7. 膀胱炎予防効果
  8. 便秘改善・腸内環境を整える効果

と、たくさんの効果がみられることが分かりました。

また、カロリーも100gあたり49㎉と1粒あたり2㎉なのでカロリーも気にせず食べれます。

さて、いかがでしたか?

今が旬のブルーベリー、こんなにたくさんの効果が期待できるなら

気にかけて旬の今だからこそ食卓にあげて毎日食べたいですね~。

とくに気になる、美肌・美白・アンチエイジング効果

美白に関しては、体の中から予防できるわけですから「飲む日焼け止め」のようなイメージですよね!

今日は目だけではない、美容からアンチエイジング効果まであるブルーベリーについてでした。

今が旬の桃についても良ければご覧ください(^.^)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください