【老け顔メイク】ならないための5つの改善方法!明日からマイナス5歳の若返り効果♩




こんにちは、ジュンコです。

”メイクしていてもどうもあか抜けない。”

”なんか老けて見える。”

”時代遅れの顏に見える。”

など、思ったことはありませんか?

老けて見えるメイクの特徴は

  • 厚塗りカサカサファンデーション
  • 昔のまんまの眉
  • バサバサこってりアイメイク
  • ヌードベージュの口紅で顔色悪し
  • チーク・シェーディングの位置を間違えている

いつまでも、若い時のままのメイク法では、いけません!

この老け顔メイクの特徴を改善すれば、きっとマイナス5歳の自分に会えると思います!

老け顔メイクとサヨナラできる改善方法をお伝えしたいと思います。

厚塗りカサカサファンデーション対策

お肌が乾燥していると、化粧ノリが悪くなりファンデーションをのせても粉っぽくなりカサカサしている印象になります。

また、カサカサしてる上にシワやシミを隠そうとして厚塗りをすると、顏が粉っぽくなり、より一層老け顔に。。

そうならないためにも、スキンケアでしっかり保湿をしましょう。

朝は忙しいのでスキンケアにも時間をかけれないという方が多いと思いますが、うるおいが若々しい肌の秘訣なのでしっかり朝も化粧水・保湿クリームをつけて、お肌をうるおわせてからメイクしましょう。

化粧下地をちゃんとつける

この化粧下地を付けていない人が案外多い、40代・50代。

下地をつけているのとつけていなのでは、自分が思っているよりも人から見ると全然違います。

特に時間がたって化粧くずれしてくると、その差がはっきりと出てくるように思います。

ファンデーションでツヤ肌を作るためにも、化粧くずれしにくくするためにも、必ず化粧下地をつけましょう。

ツヤ肌作りのために保湿力のあるクリームファンデを使おう

保湿力と密着度の高い特徴をもつクリームファンデーション。カバー力もあるので安心なファンデーションです。

その反面、厚塗りに気を付けないと一気に老け顔になってしまう落とし穴に注意。

少量を薄く伸ばし厚塗りを避けることにより、化粧くずれのしにくい仕上がりにもなります。

クレ・ド・ポー・タンクレームエクラ

1日中肌のうるおいを保ち「美しい輝きのある仕上がり」を保ち続けてくれるトリートメントクリームファンデーション。

憧れの陶器肌になれる逸品です。

  • 少量でカバーできる
  • 保湿力あり
  • 透明感のある仕上がり
  • 化粧くずれしにくい

RMK・ジェルクリーミィファンデーション

ヒアルロン酸などスキンケア効果のある保湿成分が肌のうるおいをキープしてくれます。

  • ナチュラルな素肌感ある仕上がりに
  • 保湿力あり

時短で簡単ツヤ肌作り・クッションファンデもおすすめです

クリームファンデと並んでおすすめなのが、クッションファンデ。

ポンポンと重ねていくだけでいいので簡単なのはいいのですが、化粧が剥げやすい。。。

素肌感・ツヤ感はありますが、カバー力があまりない。(私個人の感想です)

カバー力が欲しい時は、下にリキッドやコンシーラーを重ねたりと多少工夫がいるかもしれません。

ただ、時短メイクでツヤ肌作りしたい人には、リキッド・パウダーファンデーションいらずなのでもってこいかと思います。

メイベリン・SPクッションウルトラカバークッション

@コスメ2018年ベストクッションファンデ1位の商品。

極薄なのにしっかりカバー、ツヤ感ヌード肌がつづく。厚塗りなしで毛穴や凸凹をカバー。

化粧水成分入りでうるおいも。

  • 程よいカバー力
  • テカリすぎない
  • コスパがよい

クレ・ド・ポー・タンクッションエクラ

日中の肌のうるおいを保ち、肌のキメを整え透明感のあるツヤのある美しい肌にします。

先日、カウンターでつけていただきました♡

軽い仕上がりなのに、ほのかなツヤがでます。

毛穴もなくなりカバー力もあります。そのあたりは、さすがクレ・ド・ポー♡

素肌感もポイントということで「塗りました」って感じの仕上がりではないのも特徴かと。

ナチュラルなツヤ感を出したい人におすすめです。

  • ナチュラルなツヤ感
  • 保湿力
  • カバー力
  • 毛穴を目立たなくする

老け顔メイクにしないようにするには、乾燥カサカサメイクではなくツヤツヤメイクにすること。

また、シワやシミを隠したいからと言って、ファンデーションの厚塗りやコンシーラを何度も重ねると、シワの溝にファンデーションが埋まり、余計にシワが目立ち老けた印象に。

重ね塗り、厚塗り注意です。

どうしても隠したいから厚塗りしたい時は、重たいファンデーションではなく軽い仕上がりのファンデーションを重ねること。

カバー力優先して重いファンデーションを重ねると老け顔まっしぐらです。

昔のままの眉なら老け顔100%!眉毛対策

20歳のころの眉毛の形のままになっていませんか?

昔のままだわ、という方はかなり危険です!

細眉は老けて見えます

年をとって眉毛も生えにくいという問題もありますが、細眉のままはいけません。

眉毛の形や太さ細さで一気に老け顔になってしまうくらい、眉毛というのは重要なパーツなんです。

眉毛は細いと大人っぽい印象に。でも細すぎると老けた印象に。

これ以上大人っぽくならないためにも、昔の細眉のままの人は今日から増やして若々しい印象になるナチュラルな太眉にしていきましょう。

色の薄い眉

また、眉だけ異様に薄い茶色の人がいます。これもNGです。

眉が薄いと顏がぼやけて老け顔の印象に。また、不健康に見えます。40代・50代で不健康に見えるのはいけません。髪の毛に近い色で眉を書きましょう。

眉山のあるバブル時代の眉

眉毛を昔のように眉山を作ってはっきりさせるのもダメ!今は、ナチュラルが主流です。パウダー状のもので眉をかき、仕上げに眉ブラシでぼかすくらいが丁度良いです。

眉の長さは、昔の教えの通り現在も口角と目尻の延長線上にくるようにします。(オレンジのラインを参考にしてください)

睫毛バサバサこってりメイクはダメ押し老け顏

目元のシワやたるみ、また年を取ると目が小さくなってくぼんでいくので、ついついやりがちなこってりアイメイク。

目元がパンダみたいに真っ黒の人がたまにいらっしゃいます。

なんとか目を大きくみせようと、睫毛にマスカラをこってり、アイライナーもこってりひいてラメ感たっぷりのアイメイクは下品でやっぼたい印象になってしまってます。

アイシャドウは明るいオレンジ系に

明るいオレンジ系などを取り入れ、目元をはつらつと明るい印象にしましょう。下品なキラキラするラメは不要です。今のラメはとっても細かいラメです。

参考記事>>>>>Diorバックステージアイパレットは9色全部使える色!一気にあか抜け目元に変身。

アイライナーもナチュラルなブラウン系で書きましょう。目尻より2㎜程度長く引くと目尻のたるみをカバーできます。

マスカラも重ね塗りしないで、1本1本綺麗に睫毛が広がるように塗っていきましょう。

40代・50代はボリュームより長さを優先したら上品な目元になります。

ヌードベージュの口紅は顔色悪くしか見えない


あんなに若い頃は似合っていたヌードベージュの口紅も、40代・50代になるとサッパリ似合わなくなりました。

顔のくすみだったり、もともとの唇の色も悪くなっているのでしょうか。。

写真にとると一目瞭然です!綺麗なハッキリとした色合いの口紅を塗っている人の方が明らかに若々しく見えます。

私自身も、ママ友さん達と一緒に撮った写真を見てすぐベージュ系の口紅をやめて、色がちゃんと分かる口紅に買い換えました。

顔に色味があるというのは、やはり元気よく若々しく見えるものです。

口紅1本変えても十分印象は変わると思います。

できれば丁寧にしっかり唇の輪郭をとって口紅を塗るほうが、唇に立体感が出てより若々しく見えます。

チーク・シェーディングは正しい位置に入れる

チークの位置は高めに

チークの位置を下に入れると、顏が下がって見え老け顔の印象に。小鼻より下にチークを入れていないかチェック!

小鼻より上にチークは入れましょう。できればツヤがでるクリームチークがおすすめです♡

シェーディングの入れすぎにはご注意を

小顔効果を狙ってシェーディングを入れている場合は、エラの部分やこめかみ部分にまで入れている人は気を付けましょう。

年齢とともに、顏もたるんで下がっているのにエラに部分に入れると頬がこけた印象に。不健康な人に見えます。

こめかみにまでシェーディングを入れるのも注意。こちらも老けた印象に。

まとめ

ついつい、いつものやり方でササっとやってしまいがちなメイク。

ちょっと気を付けるだけで、老け顔とサヨナラできるポイントがたくさんありました。

  • うるおった肌
  • ツヤ肌ファンデ
  • ナチュラルな太さの眉
  • 明るいオレンジ系を入れたあっさりアイメイク
  • チークとシェーディングの位置を確認

この点を注意して明日からメイクにとりかかってみてください!

きっと昨日よりもマイナス5歳くらいの自分に会えてるはずです。

老け顔対策のコツの参考になれば嬉しく思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください