冬のお肌悩み第一位「乾燥」!スキンケアのポイントをおさえて、うるおい保湿で美肌になろう。




こんにちは、ジュンコです。

冬のお肌のお悩み第一位は、「乾燥」です。

お肌が乾燥すると、良いことなしです。

お肌がカサカサして老けて見える、化粧ノリが悪くなる、お肌が敏感になる

など、たくさんのお肌悩みがどんどんでてきます。

これらのお悩みを解決するためにも

冬の乾燥から肌を守るために注意すべき点はなんなのか?

どんなスキンケアをしたらいいのか?

早速みていきたいと思います。

冬の乾燥肌の状態は・・・

  • 口の周りが粉をふく
  • カサカサして化粧のりが悪くなる
  • 洗顔後に肌がつっぱる
  • 乾燥がひどい時は皮がめくれる
  • 肌がくすんでくる
  • 肌がごわつく
  • 老けてみえる

など、キリがないくらいお悩みがでてきます。

外は寒いのに、屋内に入ると暑いくらいの温度差。暖房による乾燥でお肌は砂漠状態。

そして、ただでさえ50代になると水分保持力や皮脂量などが20代の約半分くらいになるのに、冬は空気が乾燥し肌の水分を奪い更に乾燥が進み、シワなどの年齢肌がとても目立ちます。

また、冬は宴会やお正月など暴飲暴食の季節で生活リズムが乱れ、お肌が荒れる原因に。

お肌にとって、最悪な環境なシーズンなんですね。

では、どんな点に気を付けて冬の乾燥を乗り切れば良いのでしょうか?

冬の乾燥肌対策・スキンケア編

50代になると、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミド・皮脂量・水分量などが減少していきます。

その中でも水分を閉じ込める保湿成分セラミドは、細胞間脂質の約4割も占め外部刺激からお肌を守るバリア機能の役割をしている重要な成分なんですね。

そのセラミド50歳代になると20歳代の約半分にまで減ってしまうのです。

セラミドが減少すると、バリア機能が低下しお肌が乾燥する悪循環のループに入ってしまいます。

ターンオーバーが乱れ、古い角質がいつまでもお肌に留まり、カサカサ肌・くすみ・ハリの低下・キメがあらくなる、など年齢肌トラブルが現れてきます。

では、これらを解消するスキンケアのポイントをみていきましょう。

乾燥肌のスキンケア対策・拭き取り化粧水でターンオーバーを促す

お肌が乾燥すると、肌がごわつき硬くなってしまいます。そのため、化粧水が浸透しにくくなったりターンオーバーが上手く行われず、古い角質が残りお肌の老化を進めてしまいます。

そんな時は、ピーリングより優しい拭き取り化粧水を使って、古い角質を除去しターンオーバーを促し美容成分をしっかり浸透させましょう。

40代からの拭き取り化粧水使用の賛否両論ありますが、私は毎日ではなくお肌の状態をみて、週に2~3回程度使用しています。

注意点!

  • お肌に負担がかからないようにたっぷり拭き取り化粧水をコットンに含ませる
  • コットンは、上質(肌にやさしい)なものを使う
  • やさしく・やさしく拭き取る
  • すぐに化粧水・油分を浸透させ保湿をしっかりする

おすすめ拭き取り化粧水・SK-Ⅱ・ホワイトニングソースクリアローション

現在使用している、SK-2/SK-II(エスケーツー)ホワイトニング ソース クリア ローション 150mL。少しとろみのある化粧水で優しく拭き取りできます。美白効果ありの拭き取り化粧水です。拭き取り化粧水ながら、拭き取り後の乾燥感があまりないのも冬の乾燥シーズンには有難い。

 参考記事>>>美白効果ありの拭き取り化粧水SK-Ⅱのホワイトニングソースクリアローションおすすめします!

おすすめ拭き取り化粧水・SK-Ⅱフェイシャルトリートメントクリアローション

汚れをスッキリ取りたいなら、同じSK-Ⅱでも、SK-2 / SK-II(エスケーツー)フェイシャル トリートメント クリア ローション 160mL がおすすめ。コットンにしっかり汚れがつき、目でもスッキリした感が得れます。ただし、使用後はかなりのサッパリ感です。


参考記事>>>SKⅡ・フェイシャルトリートメントクリアローション(拭き取り化粧水)はやっぱり効果あり?大人ニキビが改善されました

セラミド入りの化粧品を使ってセラミドを補いうるおいのある肌に

乾燥肌から抜け出せない人におすすめは、セラミド入りの化粧品

セラミドの効果は、うるおいを保ち外からの刺激からお肌を守ります。

セラミドが満たされているお肌は、外からの刺激(紫外線や乾燥など)からお肌を守るため、バリア機能がしっかりと働き、うるおいのあるハリツヤのあるお肌になります。

セラミドには、いくつかの種類(ヒト型・合成・植物・天然セラミド)がありますが、私たちが求めているセラミドは「ヒト型セラミド」です。

ヒト型セラミドの種類

  • セラミド1・・・水分保持・バリア機能
  • セラミド2・・・高い水分保持機能
  • セラミド3・・・水分保持・シワを抑制
  • セラミド4・・・角質のバリア機能構築・保持
  • セラミド5・・・セラミド4と同じ
  • セラミド6・・・水分保持・ターンオーバー促進・シワを抑制
  • セラミド6Ⅱ・・・セラミド6と同じ

まだ他にも何種類かあるようですが、メインなものだけあげておきます。

人間の肌に多く含まれているのは、セラミド2です。

セラミド1.3.6が不足していると、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

外からセラミドを補うなら、セラミド1.2.3.6が入っていると良いでしょう。

ヒト型セラミドは、人間の肌のセラミドと構造が似ているので、浸透力もよく保湿力があり肌になじみやすいという特徴があります。そのため、大変高価な成分になります。

ドラッグストアなどで、安いセラミド入り化粧水を買ってもセラミドの配合が低く効果の期待があまりできない場合がありますので気を付けて下さい。

セラミド入り化粧水のお値段の目安は、最低3,000円~のものを選ぶようにしましょう。

おすすめセラミド入り化粧水・小林製薬ヒフミド

ヒト型セラミド1・2・3型を4%も高配合した、小林製薬・ヒフミド。

乾燥肌のお悩みや小じわの改善に効果があります。私もヒフミドトライアルセットでヒト型セラミドの効果を実感。乾燥肌対策に即効性を感じました。

お手軽なお値段でヒト型セラミドの効果をお試しするのも良しです。

参考記事>>>小林製薬ヒフミドトライアルをお試しレビュー。セラミド効果でカサカサ乾燥肌からハリツヤうるおい肌に!

正しい朝の洗顔をして乾燥を防ぐ

正しい洗顔をして、洗いすぎに気を付けましょう。

冬の乾燥の季節で、お肌が乾燥しているときに、毎朝洗顔料を使って洗う必要はありません。

自分のお肌調子を見て、乾燥がひどい場合はぬるま湯のみで・お顔がテカテカして皮脂分泌が活発だと感じたら洗顔料を使って洗うなど、自分のお肌調子を見て洗顔しましょう。

参考記事>>>美肌になるために、40代・50代からでも遅くない!正しい洗顔で乾燥知らずの肌に

乳液・クリームの保湿も忘れずしっかりする

更年期になると、皮脂量も減るので乳液・クリームで保湿することを忘れずに!

乾燥シーズンは保湿力の高い美容クリームを使いましょう。

夜のスキンケアから就寝まで時間が空く場合は、寝る前にもう一度クリームを重ねて保湿することをおすすめします。

美容オイルを洗顔後にプラスして美容成分を浸透させよう

美容オイルが苦手な人がまだまだ40代・50代には多いですが、ハッキリ言って損してます!

美容オイルをブースター代わりに使うと、お肌がやわらかくなり化粧水の浸透力がアップします。

今のスキンケアで乾燥肌にイマイチ改善が見られない人は、是非美容オイルをプラスしてみて下さい!

最近は、美容成分がたっぷり入った、大変美容効果の高い美容オイルが各ブランドからたくさん出ています。

美容オイルをプラスすることによって、化粧品の美容成分の浸透がよくなり乾燥肌が改善された上に、お肌にハリ・ツヤが生まれます。

素肌にいきなりオイルに抵抗がある人は、乳液やクリームなどにオイルを混ぜて使っても!

今は、香りや使い心地もピンキリ。自分にピッタリ合う美容オイルが必ずあるはず!

注目!絶対欲しい!美容オイル・ゲランのアベイユ ロイヤル ウォータリー オイル

次は絶対買うと決めている美容オイル。ゲランの【ゲラン】アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル 50ml [並行輸入品]。上質なハチ由来の成分が含まれ、お肌のキメが整いふっくらするんだとか!

こちらは、化粧水の後に使用してください。

参考記事>>>顔のたるみを手厚く改善・ゲラン最高峰オイル、オーキデアンペリアルで贅沢濃密なハリツヤ肌に!

SK-Ⅱ・フェイシャルトリートメントオイルは素晴らしい

私の美容オイルデビューは、SK-2/SK-II(エスケーツー)フェイシャル トリートメント オイル 50mL。濃縮ピテラと6種類のオイルを絶妙なバランスで配合した美容オイル。

とてもいい匂いなんですよ~。SK-Ⅱ独特の香りはこのオイルからはしません。

お肌が一気に、やわらかくモチっとなりツヤ肌完成!

化粧水の後、美容液の前に使いましょう。

美容オイルは、ブースターとして使うもの・整肌アイテム・浄化アイテム・ボディやヘア―に使うものなど使い分けして下さいね。お買い求めの時にBAさんに確認してください。

参考記事>>>アルガンオイル1本でしっとりなめらか全身保湿。美容効果は美肌からアンチエイジング効果まで。

冬でも紫外線予防と美白のお手入れでシミ予防をしておこう!

冬は夏に比べて紫外線量は少ないですが、シミ・シワなどに影響するUV-Aは季節の変動なく、しっかりお肌に降り注がれています。

更に、冬は空気が乾燥してお肌のバリア機能が低下しているので、紫外線の影響を受けやすいです。

シミができる原因は、主に紫外線のダメージによってお肌を守ろうとして、メラノサイトがメラニン色素を作りだします。通常なら、メラニンはターンオーバーにより垢とともに剥がれ落ちるのですが、加齢や乾燥によりターンオーバーが上手く行われず、後にシミとなって肌に現れてきます。

つまり、これ以上シミを作らないようにするためにも紫外線のダメージを受けないように冬の間もUVケアをしっかりして美白効果を狙う化粧品を使って予防しておくことが、シミ予防につながります。

★店長一押し!★資生堂 ハク メラノフォーカスV45(医薬部外品)(45g)

参考記事>>>資生堂HAKUの美白効果は?シミは消える?

冬の乾燥肌対策・その他

暖房による乾燥対策は加湿器、もしくは濡れたタオルを部屋に置きましょう。

空気中の水分を一緒に奪ってしまうので、長時間暖房を使用していると空気が乾燥します。

空気が乾燥すると、肌のバリア機能が低下し外的刺激を受けやすくなり、肌の乾燥がますます進み乾燥の悪循環に入っていってしまいます。

暖房中は加湿器を、もしくは濡れたバスタオルを一枚干して乾燥対策をしましょう。

お風呂上りはカラカラのお肌です!すぐ保湿を習慣に!

お風呂上りはお肌がとても乾燥しています。

お風呂上りは少し休憩なんて呑気にくつろいでいると、カラカラの砂漠肌になってしまいます!

すぐに保湿しましょう。顔も体もね。

できれば、お風呂場に保湿クリームを置いておき、すぐに保湿できるようにしておきましょう。

参考記事>>>冬の乾燥肌対策・お風呂の入り方でカサカサ肌からうるおい肌に!おすすめのボディケア商品10選!

年末の宴会シーズンで糖質多しの食生活でお肌と体は荒れまくる

年末年始、宴会やお正月などで糖質の多い食生活になり、体の中から糖化が進みます。

酸化や糖化が進むということは老化が進むということです。

これを予防するためにも、抗酸化・抗糖化を意識しましょう。

野菜から食べる(ビタミンを意識して摂る)・食後少し歩く・緑茶やハーブティー(ルイボスティーなど)を飲むなど少しでも意識しておくだけで随分違います。

良質な睡眠をとってお肌の新陳代謝を促す

良質な睡眠をとり、成長ホルモンを分泌し新陳代謝を正常に働かせることによって、美肌が作られます。

6時以降のカフェイン摂取、寝る前のスマホやPCを見ることを控え、良質な睡眠をとるようにしましょう。

参考記事>>>質の良い睡眠は、お気に入りの香りで誘う。香りの入眠儀式で不眠解消

まとめ

冬のお肌の一番の悩みは年齢問わず、「乾燥」です。

「乾燥」の環境プラス、40代・50代になると加齢にともない、ありとあらゆるものが若い頃に比べてどんどん少なくなっていき、たるみやシワなどなど年齢肌のお悩みが出てきます。

少しでも年齢肌の進行を遅らせるためにも、若い頃より丁寧なスキンケアを行わないといけません。

古い角質を取り除き、セラミドなど保湿成分の高い化粧品でしっかり保湿し、美容成分に蓋をすること。

冬でもUVケア美白のお手入れに手をぬかず、シミ予防の対策もしておきましょう。

年を取るとあれもこれもと大変ですが、お手入れをちゃんとしているお肌と、してないお肌では見た目年齢が全然違うと思います!

冬のスキンケア対策をしっかりして、「乾燥」を乗り切り「うるおい美肌」を手に入れましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください