【冬の乾燥対策/お風呂の入り方】カサカサ肌からうるおい肌に!おすすめボディケア商品10選!




こんにちは、ジュンコです。

寒い冬は、”あったか~いお風呂にゆったり浸かって読書します”っていう人多いのではないでしょうか?

お風呂は湯舟のスチーム効果でしっとり保湿なんて思っていませんか??

実は、これは大間違いなんです。

熱いお湯に長い間浸かっていると、皮脂が流れて乾燥の原因になってしまうんですね。

特に冬は汗をかかないため皮脂量が少なくなっています。少ないうえに長湯で皮脂をどんどん流していたらそりゃ、乾燥していまいます。

今日は、乾燥しないお風呂の入り方とその後のケアについてご紹介したいと思います。

冬の乾燥の原因を簡単に

  • 汗や皮脂量の減少・・・皮脂量が減るためバリア機能が低下し、肌から水分が逃げていく
  • 体の冷え・・・体が冷えるため、血流が悪くなりバリア機能が低下し乾燥肌に
  • 冬の暖房による乾燥・・・暖房器具は湿度を下げるため肌の水分が空気に流れてしまう
  • 熱いお風呂の長湯・・・熱いお湯に長く浸かり過ぎるとお湯に皮脂が流れてしまう

ニキビや吹き出ものの原因として嫌われがちな皮脂ですが、実はお肌にとってはなくてはならない天然オイル
皮脂は、肌の上に膜を作って潤いを逃がさないようにしてくれています。

これが皮脂膜です。皮脂膜は皮脂と汗からできているので、汗や皮脂量が減る冬のシーズンは乾燥しやすい環境だと分かります。

お風呂の入り方を正しくして乾燥対策

冬になると、湯舟に浸かる方が大半だと思うのですが、乾燥を防ぐためにもお風呂の入り方に気を付けましょう。

お風呂の温度

熱々のお湯に浸かるのって本当に気持ちがいいもんです。しかし、熱いお湯に浸かることによりお肌を乾燥させてしまいます。

お湯の温度は、冬は42度くらいに設定しがちですが、38度から40度の設定にしましょう。

お風呂に浸かるメリット・デメリット

お風呂に浸かると乾燥するなら、浸からないほうがいいのでは?と思ってしまいますが、もちろんお風呂に浸かるメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットの点に注意して乾燥を防ぎながらお風呂に浸かりましょう。

お風呂に浸かる時間はトータルで15分程度を目安にと言われています。

メリット

  • リラックス効果
  • 血行がよくなる
  • 汚れや古い角質が浮き落としやすくなる
  • 硬くなった角質がやわらかくなり保湿成分が浸透しやすくなる

デメリット

  • 熱いお湯に浸かり過ぎると皮脂膜を溶かして保湿成分がながれてしまう(浸かり過ぎないように気を付けましょう)皮膚がふやけるまで入ってはいけません!

お風呂に浸かることにより得るメリットも多いので、 熱いお湯・浸かり過ぎという点に注意してお風呂に入りましょう。

保湿成分の入ったお風呂に浸かって乾燥対策をする

入浴後の乾燥を防ぐために、お風呂に保湿成分入りの入浴剤を入れるのも一つの方法です。

私の息子は乾燥肌なんですが「クリームはベタつくから嫌だ」といって塗りません。

でも保湿成分入りの入浴剤を入れておけば、入浴によるお肌の乾燥を守ってくれます。

乾燥のひどい方、ボディクリーム等が苦手な方、入浴後すぐに保湿ケアを塗れない方は、保湿成分の入った入浴剤を入れて乾燥を防ぎましょう。

保湿成分入りの入浴剤を入れたら最後はかけ湯せずそのままお風呂から出ましょう。

おすすめ保湿成分入り入浴剤

ミノン薬用保湿入浴剤

しっしん・肌荒れ対策ができる保湿入浴剤、小さいお子様のいるご家庭でも安心して使えます。

アユーラ・メディテーションバスα発売以来50万本突破の人気商品!

2016年ベストコスメの入浴剤部門で1位・VOCE/美的でもコスメ賞受賞の人気商品メディテーションバスα

アロマの香り(ローズウッド・ローズマリー・カモミールなど)に癒されながら、湯舟の色は乳白色になり温泉気分も味わえる癒しの入浴剤です。

保湿効果とエモリエント効果を同時に満たし、うるおいを逃がさずしっかりキープ。入浴後もうるおいます。

アユーラ (AYURA) メディテーションバスα 300mL 〈浴用 入浴剤〉 アロマティックハーブの香り
アユーラ(AYURA)
junko
お友達にこの商品をギフト用でプレゼントしても大変喜ばれました♡贈り物にもぴったりです。

赤ちゃんにも使える・キュレル入浴剤

セラミド配合で入浴後の乾燥を防ぎます。赤ちゃんにも使えます。

入浴中の注意点

ごしごしこすって洗ってはいけません!泡立てた石鹸で優しく手で洗いましょう。冬の乾燥シーズンは刺激の少ない天然の石鹸で洗うとより良いでしょう。

また、入浴中にスマホを見てませんか?入浴中にスマホを見ると交換神経が活発になり、自立神経が乱れます。自律神経が乱れると肌荒れの原因に!

リラックス効果を高めるためにも、スマホを持ち込まずゆったりお風呂に入りましょう。

入浴後のボディケアは5分以内がルール

入浴後のボディクリーム・オイルなど、すぐ塗っていますか?

ちょっと一休みなんてしていてはいけません!

お風呂上りの肌は、皮脂膜を流してしまってるのでとても乾燥しやすいです。

お風呂から上がり、バスタオルで体を拭き始めた途端、乾燥が始まっています。この乾燥が始まる前にボディクリームを塗るのがベスト。

お風呂でぬくもった体は、火照ってるので水分がどんどん蒸発していきます。

できれば、入浴後5分以内に保湿ケアをしましょう。保湿ケアのタイムリミットは入浴後10分以内と言われています。

できれば、浴室でボディクリーム等を塗ってしまいましょう。

ちょっと水気が残っているくらいのお肌にクリームを塗るほうが、摩擦が起きず良いのです。

慣れるまで気持ち悪いもしれませんが、お風呂から上がったら浴室で軽く体の水気を切り、少し水分が残った状態でボディクリーム、またはボディオイルを塗ると良いと思います。

そのあと、バスタオルで体を軽くおさえて水分を拭きましょう。

脱衣所にボディケアグッズを置いておくと安心です。

おすすめボディケア商品

プチプラからご褒美的なものまで。お気に入りを是非見つけて下さいね。

ニベア青缶+オイル

もう誰もが知っているか持っているニベアの青缶。こっくりとしていて、わりと硬めのテクスチャーです。

私はこの硬めがあまり好きではないので、オイルをプラスしてやわらかくして使っています。

オイルは、ベビーオイルの日もあれば無印のホホバオイル、高級なメルヴィータまで。その日の気分で変えてます。

メルヴィータのアルガンオイルはとっても優秀!全身に使えちゃう!

@コスメ・オイルバーム部門で2017年2位のメルヴィータです。100%オーガニックのアルガンオイル。数滴たらすだけで保湿力ありの優れもの!しかも全身に使える優れものです!

参考記事>>>アルガンオイル1本でしっとりなめらか全身保湿。美容効果は美肌からアンチエイジング効果まで。

無印のホホバオイルはコスパ良し!

「シンプルで良いもの」をがコンセプトで人気の無印商品。無香料・無着色の天然100%オイル。コスパも良いという事で大変人気のある商品です。

老若男女から敏感肌の人までおすすめ!キュレルクリームジャー

敏感肌の人も使えるので、赤ちゃんから乾燥しやすい老人までOK。無香料なので男性にも好評。セラミド・ユーカリエキス配合で保湿もバッチリです。テクスチャーはこっくりな感じですが、伸びも良く浸透力もあります。

ご褒美デイは香りに癒されて眠りにつこう・ジョーマローン

ご褒美デイには、ラグジュアリー感漂うジョーマローンのボディクリームがおすすめです。

ベッドに入ると良い香りに包まれて眠りにつけます。保湿もテクスチャーの柔らかさ、伸びもいうことありません。

ベッド脇においていてもおしゃれでゴージャスな容器が気分を上げてくれます。私はこちらの商品は寝る前の重ね付けに使用してます♡

WELEDAのボディオイルはリピータ率高しのボディオイルです。冬の乾燥肌にはざくろの濃厚保湿がおすすめです。翌日もしっとりした肌に出会えます!

さっぱり保湿が好きな方は、ホワイトバーチやシトラスでボディケアをして下さい。

【送料無料】ヴェレダ アルニカ マッサージオイル 200ml [WELEDA ボディケア マッサージ リラックス アルニカマッサージオイル]

保湿+むくみケア+引き締め効果!!クラランスボディオイル・アンティオー

たんなる保湿だけでなく、引き締め効果まで期待ができます。軽いテクスチャーでヘーゼルナッツオイルに含まれたビターオレンジ・レモン・ゼラニウムなど豊な香りのオイルに包まれながらマッサージすると気持ちがリフレッシュできます。

冬の入浴の仕方・乾燥対策まとめ

  • お風呂の温度は、38度から40度
  • 長湯はしない・トータル湯舟につかる時間は15分程度を目安に
  • 保湿成分入りの入浴剤で保湿する
  • 入浴後のボディケアは5分以内に行う

冬のカサカサ・ゴワゴワ乾燥肌。。入浴の仕方を少し気を付けるだけで、冬の乾燥肌対策ができると思います。

ボディケアまでは無理という方は、湯舟に保湿成分入りの入浴剤を入れるだけでも違ってくると思います。肌の乾燥が気になりだして来たら、保湿成分入りの入浴剤を入れてみて下さい。

冬の乾燥肌対策の参考になれば嬉しく思います。

おすすめ参考記事>>>ヒフミド・トライアルをお試しレビュー。セラミド効果で乾燥肌からうるおいハリツヤ肌を実感!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください